こんにちわ。

今回は、シリウスとワードプレスの比較をしたいと思います。

私はシリウスを持っていて、ずっとシリウスでサイトを作っていました。

ワードプレスってなんだか難しそうだし、シリウスがあればワードプレスは必要ないだろうと思っていました。

だから、レンタルサーバーもワードプレスが作れない安いプランのレンタルサーバーを借りていました。

そんな私が、ワードプレスを始めるために新たにレンタルサーバーを借りてワードプレスを始めました。

スポンサーリンク

シリウスとワードプレスの比較 私がワードプレスを始めた理由

シリウスは大規模なサイトには不向き

シリウスでいくつかサイトを作っていくうちに、ブログのように毎日更新する大規模なサイトを作りたくなりました。

最初はシリウスで挑戦してみようと思っていたんです。

でもシリウスはHTMLサイトなので記事を更新するたびにアップロードしないといけません。

このアップロードが記事の量が増えれば増えるほどどんどん時間がかかっていくんです。

100記事位まではシリウスで作ったことがあるんですけど、100記事くらいならアップロードも10分くらいで終わります。

でも記事がどんどん増えていったらいつかは限界が来るなと思ったんです。

ワードプレスなら公開ボタンを押すだけですぐに記事が公開されるんですけどね。

シリウスのカスタマイズに限界を感じた

最近のワードプレスで作っているサイトを見ていると、記事下の関連記事にアイキャッチ画像が使われているのを良く見ます。

▼こういう感じです

0058

自分が他人のサイトを覗いた時もそうですけど、文字だけの関連記事より画像付きの方が目が行くし、クリックしたくなりますよね。

シリウスにもどうにかして取り入れたいなと試行錯誤しましたけど無理でした。

シリウスの関連記事は文字だけですし、同じカテゴリに入れた記事が全て関連記事として記事下に表示されるんです。

カテゴリに数百記事入れたとしたらそれが全て関連記事として記事下に表示されるんですよ?

それはやばいですよね。

htmlをいじることで関連記事を非表示にすることはかろうじて出来ますが、やっぱり少しでも多くの記事を見てもらうためには関連記事は重要です。

ワードプレスなら、アイキャッチ付きの関連記事表示が標準装備されてるテンプレートもありますし、標準装備されていなくてもプラグインを入れることで簡単にランダムに数を指定して表示出来るんです。

その他、

▼サイドバーに画像付き人気記事ランキング

0059

pv数を計算して自動でランキングしてくれます。

▼目次の自動生成

0060

見出しを使うと自動的に目次を生成してくれます。

関連記事、人気記事ランキング、目次は全て、私が使っているワードプレステンプレート「賢威7」に標準装備されている機能です。
▼公式サイト

⇒賢威7の詳細を見る


賢威7は有料テンプレートなので、無料テンプレートでも良いと思います。

ただ、無料テンプレートは標準装備されているものが少ないので自分である程度カスタマイズする必要があります。

そこが、ワードプレスが難しいと感じる人がいる点なのかなと。

私は、初めてのワードプレスで賢威7を使ったので良く分からないんですけどね。

何もいじらなくても今の状態でワードプレスを始められましたから。

あ、でもsnsボタンも標準装備されているんですが良くある無料ブログに付いてるような感じだったのでちょっといじりました。

あと、憧れの「ブログカード」をプラグインで入れました。

はてなブログとかで良くみるやつです。

はてなブログのははてな独自のブログカードですね。

自サイトや他サイトの記事を記事中に画像付きで紹介出来ます。

▼こんな感じです。私がワードプレスを始める為に借りたレンタルサーバーについての記事です。

ワードプレスはプラグインで色んなカスタマイズが出来るので楽しいです。

プラグインも、編集画面でプラグインの検索⇒インストール⇒有効化ですぐ使えるようになるので簡単です。

ただ、プラグインの入れすぎはサイトが重くなったり不具合が出る場合もあるので(私も不具合が出て削除したプラグインがあります)、やっぱり最初からある程度標準装備されているテンプレートがいいのかなとは思います。

シリウスは必要ない?

小~中規模な特化型のサイトを作るならどっちかというとシリウスの方がいいのかなと思います。

シリウスはサイト、ワードプレスはブログという風に考えるといいと思います。

でもワードプレスも凝ったテンプレートが沢山あるのでこだわればシリウスよりもおしゃれな特化型のサイトが出来そうです。

ただ、サイトを量産したいならワードプレスは不向きです。

レンタルサーバーのワードプレスを作れる数は、サイトを作れる数より少ないからです。

私も、これから先小規模なサイトを作る時はまたシリウスを利用するかもしれません。

ただワードプレスに慣れると、正直シリウスが物足りなく感じてしまいます。

シリウスももう少し時代の流れに合わせてバージョンアップしてくれたらいいんですけどね。

シリウスとワードプレスの比較のまとめ

  • サイトを量産したいならシリウス
  • 量産しない小規模~中規模なサイトならシリウスでもワードプレスでも
  • カスタマイズしやすいのはワードプレス
  • 低料金なのはワードプレス
  • 大規模なサイトはワードプレス
スポンサーリンク