こんにちわ。

今回は、ワードプレス初心者の私でも簡単に出来たワードプレスのバックアップの取り方を紹介したいと思います。

ワードプレス初心者の私が、ワードプレスを始めるにあたり情報収集していた時によく耳にした情報が、

  • 記事を誤って消してしまった。
  • ワードプレスの画面が真っ白になってしまった。

という情報でした。

どうしてそんなことになるのかワードプレスをまだ使ったことのなかった私には分かりませんでしたが、その時思ったことは

ワードプレスはこわい、ワードプレスを始めたらまずバックアップを取ろう!

ということでした。

スポンサーリンク

ワードプレスのバックアップの取り方

ワードプレスのバックアップの取り方は2通りあります。

①ワードプレスにバックアップ用プラグインを導入し自動でバックアップする。
②ftpソフトを使ってその都度自分でバックアップを取る。

そして私は②番のftpソフトを使ってその都度自分でバックアップを取る方法を選択しました。

それは、ワードプレスのプラグインは入れれば入れるほど

  • サイトが重くなる。
  • 他のプラグインとの相性などで不具合を起こす場合がある。

という情報を知ったからです。

ですのでプラグインを入れるのは必要最小限にしようと決めました。

プラグインでしか出来ないことは仕方ないですが、プラグインを入れなくても出来ることはプラグインには極力頼らない。

実際に自分でバックアップを取ってみたら、初心者の私でも簡単に出来たのでこれから自分で行う場合のバックアップの取り方を順番に説明したいと思います。

初心者でも簡単に出来た!ワードプレスのバックアップを自分で行う場合の取り方

  1. バックアップデータを保存する場所を作る

    デスクトップ上などにワードプレスのバックアップデータを保存する場所を作っておきます。
    デスクトップ上で右クリック⇒新規作成⇒フォルダ
    0003
    フォルダ名は自分が分かりやすい名前に変えておきましょう。

  2. テキストデータをバックアップします。

    ワードプレス編集画面のツール⇒エクスポートを選択します。
    0004
    「すべてのコンテンツ」にチェックを入れダウンロードします。
    0005
    ダウンロードされたファイルは切り取りまたはコピーして最初に作ったバックアップデータを保存するフォルダの中にペースト(貼り付け)します。

    これでワードプレスのテキストデータのバックアップは完了です。

    ここまでは無料ブログなどのバックアップの取り方と同じなので分かる方も多いと思います。

  3. テキストデータ以外をバックアップするためにftpソフトをインストールします。

    テキストデータ以外のバックアップにはftpソフトが必要です。
    こちらからftpソフト(FileZilla)をダウンロードします。
    ⇒FileZilla日本語版ダウンロードページ

    たくさん種類があるので分かりにくいですが、パッケージ FileZilla_Client のリリース最新版の中から自分のパソコンのビット対応のものをダウンロードします。

    windowsの場合は「FileZilla_3.21.0_win32-setup.exe」または「FileZilla_3.21.0_win64-setup.exe 」を選択しダウンロードします。
    0006

  1. FileZillaソフトでテキストデータ以外をバックアップします。

    FileZillaソフトを立ち上げ、上部のファイルをクリックし「サイトマネージャー」をクリックします。

    0007

    「新しいサイト」をクリックし、自分のサイトの名前を入力します(この名前は自分が分かれば何でもいいです。)
    0008

    右側にある「ホスト」「ユーザ」「パスワード」を入力します。
    0009
    「ホスト」「ユーザ」「パスワード」はワードプレス用のドメインを作った時に発行されたFTPホスト名、FTPユーザ名、パスワードです。

    ログオンの種類「匿名」の部分を一般に変更します。匿名のままだと「ユーザ」と「パスワード」の入力が出来ません。

    入力したら「接続」をクリックします。

  2. 接続すると画面右側にワードプレスのサイトデータが表示されます。

    赤線部分の「wp-content」をクリックします。

    0010


    「wp-content」の中にある「plugins(プラグイン)」「themes(テーマ)」「uploads(画像など)」の3つのファイルがバックアップすべきファイルです。
    0011
  3. 左側のローカル画面からバックアップデータの保存先を選択します。

    1番初めにデスクトップ上に作ったワードプレスのバックアップデータを保存するファイルを探し選択します。
    0015

    「plugins」「themes」「uploads」のファイルを1つずつコピペまたはドラッグして以下の部分に移します。
    0014
    移すとダウンロードが始まり、ファイルの中にデータが保存されます。

    これでワードプレスに必要なバックアップデータが全て最初に作ったフォルダの中に保存されバックアップは完了です。

まとめ

ワードプレスのバックアップの取り方は1度覚えてしまえば簡単です。

  • 記事を更新した時
  • 新しいプラグインを入れる前
  • テーマを編集する前
  • などこまめにバックアップを取っておくと安心です。

以上、初心者でも簡単に出来た!ワードプレスのバックアップの取り方でした。

スポンサーリンク