プリンターの購入を検討してるけど、

  • とにかくコストを抑えたい。
  • たまに印刷する程度。
  • 印刷速度や印刷品質にはあまりこだわらない。
  • 写真は印刷しない。

そんなコスパ重視の方におすすめの独立4色インクプリンター紹介したいと思います。

最近は印刷品質にこだわった製品が多いので独立4色インクプリンターは少ないんですが、私もずっと独立4色インクプリンターを使用していてやっぱりコスパが良くておすすめです。

スポンサーリンク

コスパ重視の方におすすめの独立4色インクプリンターh2>

エプソン カラリオPX-049A

発売日 2016年9月15日

  • 4色独立顔料インク(RDH-4CL シリーズ(リコーダー))
  • 接続方法:無線LAN、USB
  • 機能:コピー/スキャン/プリンター機能
  • 背面給紙タイプ
  • メールプリント対応
  • スマホプリント対応(専用の無料アプリをダウンロード)
ヘビーユーザーではないので、必要最低限の機能を有したこの機種は、コストパフォーマンスは高いと思う。
WiFiが使えるのは、設置場所も自由であり便利。
(購入者さん)

エプソン カラリオPX-045A

発売日 2012年9月20日

PX-049Aの前機種。本体価格はほとんど変わらないが、使用しているインクの種類が違うので、インクのコストのみを考えるとこちらの方が安い。機能は必要最低限。

  • 4色独立顔料インク(IC4CL69)
  • 接続方法:USB
  • 機能:コピー/スキャン/プリンター機能
  • 背面給紙タイプ
コンパクトで場所をとりません。
操作手順も簡単で操作しやすいです。カラーもきれいにとれます。
おすすめ商品です。
購入者さん)

brother DCP-J767N

発売日 2016年9月発売

  • 4色独立染料+顔料インク(LC211-4PK)
  • 接続方法:Wi-Fi対応/USB対応
  • 機能:コピー/スキャン/プリンター機能
  • 給紙:前面2段トレイ・手差し給紙
  • 自動両面プリント、スマホプリント対応
  • レーベルプリント対応

低価格ながら高機能なプリンター。純正インクも他の有名メーカーと比較して安い。ただ実店舗ではインクを販売している店舗が少なめなのでネット購入がおすすめ。

安い価格と機能性で使い易いと思います。
レーベル印刷もできるので便利だと思います。
購入者さん)

brother DCP-J567N

発売日 2016年9月発売

  • 4色独立染料+顔料インク(LC211-4PK)
  • 接続方法:Wi-Fi対応/USB対応
  • 機能:コピー/スキャン/プリンター機能
  • 給紙:前面2段トレイ・手差し給紙
  • 自動両面プリント、スマホプリント対応

DCP-J767Nとの違いは、レーベル印刷対応かどうかでこちらは非対応タイプで本体価格が少し安め。cdやdvdなどにレーベル印刷する事がないという方はこちらで良いでしょう。

セットアップが簡単だしケーブルが要らないし、WiFiで他の部屋のパソコンからも印刷できるしなにより安い。文句ナシです。
購入者さん)

まとめ

価格と機能性をトータルで考えるとエプソンよりbrotherのプリンターの方がコスパが良い感じがします。

brotherのデメリットは、手差し給紙が1枚づつしか出来ないという事とエプソンと比べると印字速度が遅めということでしょうか。

個人的には前面2段トレイは魅力的ですね。

自身が使う機能と照らし合わせて参考にしてみてください♪

スポンサーリンク