こんにちわ。

どうやら最近メルカリでうわさの「圏外飛ばし」の被害にあった管理人です。

今回は、そんなメルカリ「圏外飛ばし」の原因と確認方法や対処法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メルカリ「圏外飛ばし」の原因と確認方法や対処法

原因

メルカリの圏外飛ばしにあった人の意見をまとめてみると、

  • 1日に3品以上出品した。
  • 検索上位に表示させるために削除と再出品を繰り返した。
  • 同じ商品(サイズ違いも含む)を複数出品した。
  • 商品説明欄を何度も修正した。
  • 1つの商品ページで商品を選択式にして複数紹介した。
  • タイトル、商品説明欄を使い回しして同じ商品を何度も出品した。

などの意見がありました。

ちなみに私が圏外飛ばしに合った原因で思い当たるのは、同じ商品(サイズ違い)を複数出品したことと商品説明欄(金額)を何度も修正した事です。

確認方法

商品を出品して数分経ってから、出品名で検索してみて上位に表示されてなければ圏外飛ばしに合っていると思われます。

出品してすぐに検索すると反映されてないだけの場合がたまにあります。

また最近では、マイページの「出品した商品」の欄を見ると、目のマークの横に数字がありその商品が何人の人に見られたか確認出来ますよね。

出品してずっとここの数字が0だったらやはり圏外飛ばしにあっていると思われます。

圏外飛ばしに合っていなければ、出品した商品は「新着商品」一覧にも表示されるので、誰からも1度も見られないということはまず無いと思います。

対処方法①

メルカリの圏外飛ばしは早くて3日、遅いと1ケ月で解除されるようです。

その間ひたすら待つしかありません。

メルカリに問い合わせても、「不正防止のために対処法などはお答え出来ません」と取り合ってもらえません。

また、解除されているか確認の為に出品してみて更にペナルティが伸びる可用性や、解除されたからと複数出品してまたすぐに圏外飛ばしにあったという意見もあります。

そのため、1度圏外飛ばしにあうと慎重にならざるえません。

対処方法②

メルカリだけに依存せず、他のフリマも利用する。

私は、メルカリの圏外飛ばしにあったのをきっかけに「フリル」というフリマも始めました。

フリルは名前は以前から知ってたのですが、メルカリよりはユーザー数が少ないと耳にしていたのでメルカリに不満も無かったしスルーしていました。

フリルの魅力は、商品が売れても手数料を取られないところです。

販売代金がそのまま売上になります。

手数料を取られるのは、売上を振込してもらう時にかかる振込手数料と、商品を購入する時の支払い方法によっては手数料がかかりますが、これはメルカリと同じですよね。

もう1つの魅力は、出品者が商品を即購入式か、購入希望者が申請して出品者が承認してからじゃないと購入出来ない申請式にするか選べるところです。

申請式が選べることで、他のフリマと併用して販売したり、購入者を選んで販売することができます。

明らかにメルカリよりお得なフリルですが、それでもユーザー数がメルカリより少ないのは宣伝力の違いでしょう。

手数料を取らないんですから、手数料を10%も取ってるメルカリのように広告費はかけられませんよね。

でも、今回メルカリの理不尽な圏外飛ばしの被害にあった方が徐々にフリルに流れてくる可能性は高いと思います。

メルカリの圏外飛ばしは、大量に出品して一般ユーザーの迷惑になる業者などを一掃するために始めたようですが、結局業者はあの手この手で罠をかいくぐり、被害にあっているのは実際は一般ユーザーがほとんどです。

メルカリと利用者はWIN-WINの関係のはずなのにこれじゃあメルカリが独裁者ですよね。

利用者あってのメルカリだという気持ちがメルカリには全く無いようです。

この機会に、手数料無料のフリルが活性化してくれるといいのですが。

登録の際に下記の招待コードを入力すると、あなたと私にフリルの購入で使える100円分のポイントが付与されます。
招待コード→kutNY
フリマアプリ フリル -手数料無料の簡単フリマアプリ

フリマアプリ フリル -手数料無料の簡単フリマアプリ
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted with アプリーチ

以上、メルカリ「圏外飛ばし」の原因と確認方法や対処法でした。