こんにちわ。

今回は、住民税(普通徴収)の納付書はいつ届くのかについて紹介したいと思います。

住民税は高いので出来るだけ早く納税額を知りたいですし気になりますよね。

スポンサーリンク

住民税(普通徴収)の納付書はいつ届く?

住民税(普通徴収)の納期は6月、8月、10月、翌年の1月の4期に分かれています。

1期目の納期は6月30日までです。

納付書の発送日は統一されておらず、お住まいの地域よってバラつきがあるようです。

ただ、納期の10日前までには知らせなければいけないという決まりがあるようなので、遅くても10日前までには届くということです。

私の場合は、6月1日に郵送されて6月3日に届きました。

つまり、住民税(普通徴収)の納付書は早ければ6月初旬、遅くて6月20日までに届くということです。

地域によってはかなり納付書が届くのが遅いところもあるようです。

市民税納付書が未だに届きません。

届かない理由として何があげられますか?

役所の処理が遅いから。
私の住む市役所は期限10日前くらいにやっと送ってくる年もあります。
去年は20日、今年は15日くらいに送ってきました。
期限は6月30日。

このように、20日ぎりぎりに届く地域もあるようです。

つまり、どんなに遅くても6月20日までには届くので、20日を過ぎても届かない場合はおかしいのでお住まいの市役所に連絡しましょう。

まとめ

◆住民税(普通徴収)の納付書の発送時期は地域によってバラつきがある。

◆納期の10日前までには納税額を知らせなければいけない決まりになっているので遅くても6月20日までには届く。


それにしても、住民税の納付書の発送を全国統一していないというのもおかしいですし、納期限の10日前までに知らせればいいという決まりもおかしいですよね。

高い税金取るくせに、猶予も与えないなんてあんまりです。

せめて1ケ月前までに知らせるべきだと思います。

私も今年の納付書を見てあまりの住民税の高さにショックでした。

会社勤めをしていた時は毎月給料から引かれていたのでそんなに分からなかったんですけど、退職して普通徴収になってびっくりです。

これを4回で支払えとか鬼です。

大した給料もらってないのに、収入額にたいしての納税額が多すぎでしょ。

どんな計算したらこんな納税額になるのか、これに年金やら健康保険やら引かれてどうやって生活すんねん!と愚痴りたくもなります。

まあそんなわけで、住民税(普通徴収)の納付書はいつ届くのかについての紹介でした。

参考にどうぞ(´・ω・`)